HOME > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境規制や法制定に先駆けて、常盤化学工業では安全な製品を開発してきました。

環境問題・規制法律の出来事   常盤化学工業の開発製品
    2010年   親水性接着剤「トキワノールNSシリーズ」の製造を開始   接着剤「トキワノール」
「ダイオキシン対策特別措置法」制定   2002年    
「化学品安全データシート(MSDS)」運用開始   2001年    
「化学物質把握管理促進法(化管法)」制定   1999年    
         
「セベソ指令」(イタリア)   1982年    
         
    1975年   洗浄剤「バンライズ」の製造を開始   洗浄剤「バンライズ」
「化学物質審査規制法」制定   1973年   水系洗浄剤の開発に着手
「環境庁」設置   1971年    
「水質汚濁防止法」はじめ、公害14法制定   1970年    
「公害対策基本法」を制定   1967年   世界の常識をやぶった画期的新製品「バンダーKR」の特許認可   バンダー
    1964年   親水性接着剤「トキワノール」の製造を開始
         
    1958年   合成接着剤「バンダー」の製造を開始
4大公害事件の原点「水俣病」が発覚   1956年    
    1946年   独自の化学処理製糊法数種で試作した
「常盤糊」(天然素材のでん粉のり)製造開始